人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

にもかかわらず、「日本疎外」から脱してみようと「非核化費用の負担」だのというたわごとを言いながらやっきになったが、内外の指弾を受けて恥だけをかいた。

最近、政府の高位人物らがいわゆる対話についてあれこれ言いながら、あたかも対朝鮮政策が変更され、協商の姿勢が変わったかのように宣伝しているが、言行の不一致はむしろ、さらなる疑心を抱かせている。

現実が示しているように、無駄な制裁劇にやっきになって執着しているのも、国際舞台を奔走しながら圧迫の強化を哀願しているのも、地域で軍事的動きを前例なく強めているのもほかならぬ日本である。

日本政府の対朝鮮政策こそ表裏不同性、二面性の極みである。

二面術策は、通じない。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

地域情勢の流れから完全に押し出された哀れな境遇で「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交をさらに進める」という自民党の選挙公約が果たして、履行可能なものか問わざるを得ない。

今からでも、政治外交の初歩的な倫理から再び学ぶ方がどうか。---

    関連記事