北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(61)が9日、新潟県佐渡市での講演後に報道陣の取材に応じ、無条件で日朝首脳会談開催を目指す安倍晋三首相の方針について「次につながる交渉ならば、顕著な成果がないとしてもやるべきだ」と述べた。曽我ひとみさん(60)も同席し「少しでも早い日朝協議が行われ、家族が安心して日本で暮らす日が来ることを心から願う」と話した。

講演は人権啓発を目的とし、約420人が参加。蓮池さんは拉致された当時や北朝鮮での生活に触れ、北朝鮮に拉致被害者を帰させるために「日本の世論はますます重要になってきた」と支援を呼び掛けた。

…続きを読む

    関連記事