北朝鮮の朝鮮中央通信は5月31日、同国で6月上旬から中旬にかけて、最高気温が32度以上になる高温現象が予想されると伝えた。

(参考記事:【画像】北朝鮮で干ばつが深刻…米衛星マップの各時期の比較

同通信が気象専門家の話として伝えたところでは、「朝鮮で6月の全国平均の最高気温が毎年変動しているが、大体0.05度高まる傾向であり、2000年代以降は1980年代に比べて平均1度以上高い状態が持続している」という。

    関連記事