北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は23日、「日本にとって急務は過去清算」であるとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮メディアは、安倍晋三首相が前提条件なしで日朝首脳会談の実現を目指すと表明して以降も、こうした論調を維持している。

(参考記事:「安倍は軍国主義」金正恩氏、会談呼びかけにカウンター連打

論評は、日本が「未来志向」を主張するのは「たわごと」だとしながら、「過去清算を正しくしなくては国際社会の認定も受けられず、いかなることも実現することができず、いつになっても安心して眠れない」などと述べた。

    関連記事