同紙は、「平和憲法」によって交戦権と戦力を保有できなくなっている日本が空母を保有しようとすること自体が黙過できない重大な問題であるとし、次のように強調した。

今、安倍勢力は「空母は保有できない」という法律的障害を除去し、軍事大国化の野望を合理化するために空母が攻撃型か、攻撃型でないかがその保有名分の基準になるというたわごとで世論を欺まんしている。

日本は、海上武装装備を大型化、遠距離化して他国を隠れみのとし、その陰の下で実戦能力を強めている。

日本の反動層は、国際社会の指弾を冒して執ように軍事大国化の道へ疾走している。

同紙は、日本が宗主を後ろ盾にしてやっきになって進む海外膨張の道は敗北の轍を踏む道であると警告した。---

    関連記事