同通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省の代弁人 自主権守護のためのベネズエラ人民の闘争に変わらない支持と連帯表す

【平壌5月5日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、ベネズエラで反政府クーデターの試みがあったことで5日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

最近、ベネズエラで国内の反政府勢力が合法的に選挙された大統領を放逐するためのクーデターを試みる不正常な事件が起こった。

今回のクーデターの試みはベネズエラの情勢を極度の不安定に追い込む危険きわまりない暴力行為として地域全般の情勢にきわめてよくない影響を及ぼしている。

今年の1月からベネズエラで外部勢力の後援の下に国内の反政府勢力が大統領に反対するキャンペーンを繰り広げ、国連舞台でベネズエラの代表権を剥奪しようとする敵対勢力の策動がひどくなっていることによってベネズエラの情勢は日々さらに悪化している。

これと時を同じくして、「唯一超大国」と自称している米国でベネズエラ事態に関連して軍事作戦は可能であり、必要であれば米国はそれを行うという無謀な発言まで浴びせられたことに対して国際社会は大きな憂慮を表している。

われわれは、合法的に選挙されたベネズエラ大統領を放逐するためのあらゆる試みと内政干渉策動を国際的正義に対する挑戦、国際法に対する乱暴な違反と糾弾する。

われわれは、ベネズエラ問題が同国の政府と人民の自主的意思と決定に従って平和的に解決されることを願い、自主権守護のためのベネズエラ人民の闘争に変わらない支持と連帯を送る。---

    関連記事