北朝鮮の崔龍海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長が22日、スリランカでのテロ事件を受けて、同国のマイトリパラ・シリセナ大統領に見舞い電を送った。朝鮮中央通信が23日付で伝えた。

崔龍海氏は見舞い電で、「大統領と被害者と遺族に深い同情と慰問を表し、あらゆる形のテロに反対するのは朝鮮政府の終始一貫した原則的立場であると明らかにした」という。

    関連記事