【ワシントン共同】米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)は16日、衛星写真に基づき、北朝鮮北西部寧辺の核施設で、核物質の搬送に使われる特殊な鉄道車両が確認されたとの分析結果を公表した。核物質の搬送の可能性を指摘したが、既に実施されたかどうかは不明としている。

12日撮影の衛星写真によると、核施設にあるウラン濃縮施設と、再処理施設である放射化学研究所の近くに停車した特殊車両5両が確認された。CSISは特殊車両が過去、核物質の移動や再処理活動に関わっていたとの見方を示している。

ウラン濃縮施設には輸送コンテナのようなものが確認された。

…続きを読む

    関連記事