にもかかわらず、日本は罪責を感じる代わりに、対朝鮮敵視政策を引き続き実施しながら朝鮮に対する分裂政策を追求する国々に合流している。

日本の反動層は、「大東亜共栄圏」の昔の夢を実現するためにわが国の統一をあくまでも阻んでいる。

こんにち、過去の犯罪に対する謝罪と賠償は国際的な流れとなっている。

過去、人類に戦争の惨禍を被らせた国々が戦争の犯罪に対して謝罪し、賠償の措置を取った。

しかし、日本はこれに相反するように振る舞っている。

過去の犯罪を否定しながら謝罪、賠償の責任から逃れようと狡猾(こうかつ)に策動している日本に対するわが人民の憎悪の念は天についている。

時間を延ばすほど、罪はもっと大きくなるものである。---

    関連記事