同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 日本の将来は過去清算にかかっている

【平壌4月17日発朝鮮中央通信】最近、元日本首相の鳩山が記者会見で朝鮮半島の分裂に大きな責任がある日本が自分の役割を果たさなければならないと主張した。

鳩山は、当局が朝鮮半島の平和の雰囲気に水を差す邪魔者の役をしていることについて批判し、強制徴用と性奴隷問題などに対しても謝罪しなければならないと述べた。

17日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは過去、朝鮮民族に大きな不幸と苦痛を被らせたのにその責任を回避しようとやっきになり、大勢の流れに逆行している日本当局に与える忠告であると指摘した。

同紙は、鳩山が言及したように、日本は朝鮮半島の分裂に大きな責任があるとし、次のように指摘した。

朝鮮半島分裂の淵源はまさに、わが国に対する日本の植民地支配にある。

これは、日本人自体が認めることである。

    関連記事