同通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が第1017軍部隊の飛行訓練を指導

【平壌4月17日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長、朝鮮武力の最高司令官である敬愛する最高指導者金正恩同志が16日、朝鮮人民軍航空・対空軍第1017軍部隊戦闘飛行士の飛行訓練を指導した。

16日、第1017軍部隊を訪問した金正恩氏(2019年4月17日付朝鮮中央通信)
16日、第1017軍部隊を訪問した金正恩氏(2019年4月17日付朝鮮中央通信)

敬愛する最高指導者は、部隊の前を通り過ぎながら追撃襲撃機連隊の飛行訓練の実態を調べるために前触れもなく立ち寄ったと述べ、航空・対空部門の戦闘が予告して行われるのではないため、任意の時刻に不意に判定して軍部隊の経常的動員準備を検閲するのが重要であると語った。

敬愛する最高指導者は、戦闘当直勤務中の追撃襲撃機を離陸させて飛行士に難しくて複雑な空中戦闘操作をさせてみろと命令した。

    関連記事