北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は4日、日本の安倍政権が憲法を改正し自衛隊を明記する方針を示していることを非難する論評を掲載。「日本の反動層が過去の敗北の教訓を忘却して海外侵略の火ぶたを切るなら、自分が点じた炎によって永遠に焼けてしまうであろう」などと主張した。

(参考記事:金正恩氏の「ポンコツ軍隊」は世界で3番目に弱い

論評は「すでに、世界一流の軍隊に劣らない侵略武力に膨張した『自衛隊』の存在を憲法に明記する場合、日本は他国のように公式的に正規軍を持って侵略国家、戦争国家として登場しかねない」として、日本の軍備増強に警戒感を表した。

    関連記事