人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

周知のように、今、日本は世界的すう勢である対朝鮮外交の流れから排除されて疎外の苦汁をなめている。

対朝鮮敵視政策を軍事大国化と海外膨張など、犯罪的な極右政治の実現に執ように利用してきたことによって、わが国家を軸として活発に展開されている地域の平和過程に介入できる資格と名分を喪失したからである。

日本としては、自国が瀕した状況から教訓を汲み取って政策転換の道に踏み出さなければならなかった。

しかし、この列島国家は無分別な敵視政策一辺倒で「対朝鮮単独制裁」策動に執着し続けて、全人類が期待している朝鮮半島と地域の情勢緩和の流れに正面切って挑戦している。

日本の反動層がまたもや謀る制裁延長劇は、大勢に逆行する平和破壊勢力に対する国際社会の糾弾と排撃を激しく増幅させるであろうし、寂しい島国をなおさら抜き差しならぬ政治的・外交的孤立に追い込むであろう。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

国際社会に背く行為だけをこととしている安倍一味こそ、一寸の先も見通せない明きめくらであり、愚かな妄動で自国の未来を破局に追い込んでいる自滅の群れである。

忠告しておくが、たわいない制裁策動に執着することより、朝鮮人民に働いた天人共に激怒する過去の罪悪から謝罪してきれいに清算するのが国の将来のためにもよりよいことであろう。---

    関連記事