金正恩「拷問部隊」幹部が秘密裏に処刑された、ある深刻な理由

今年1月末、北朝鮮の平安南道(ピョンアンナムド)の平城(ピョンソン)で非公開裁判が行われ、国家機密を漏らしカネを受け取った男性2人に死刑が言い渡された。

現地のデイリーNK内部情報筋によると、非公開裁判が行われたのは平安南道人民委員会(道庁)の会議室だ。一般には公開されず、参加したのは公務員だけだった。国境警備司令部の軍官(将校)1人と平安南道保衛部(秘密警察)の指導員1人に対して、死刑が言い渡された。

保衛部と言えば、金正恩体制の恐怖政治を支える「拷問部隊」である。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

刑はすでに執行された模様だが、こちらも非公開で行われた。道の幹部に対しては、裁判後2日間思想検討と集中教育が行われた。

情報筋は2人がどのような罪を犯したかについて具体的な話に触れていない。そもそも裁判の存在自体が、1ヶ月以上経ってようやく道の機関に知り合いのいる人々を通じて話が漏れ伝わるようになったほどだ。

(参考記事:変わらぬ北朝鮮、6人銃殺。理由は「電話帳を売ろうとしたから」

情報筋は今回の事件を「高級幹部が生存のために手段と方法を問わずカネ儲けに走っているという現実が明らかになった事例」と説明した。つまり、幹部と言えども困窮するほど食糧事情が悪化しているということだ。

保安局(警察局)、保衛部に務める人に対する食糧配給が円滑に行われなくなっていることは、デイリーNKでも既報の通りだ。

今年の光明星節(2月16日の金正日総書記の生誕記念日)には、コメ3キロ、ハタハタ1キロ、油、豚肉、菓子500グラムずつ、砂糖200グラム、洗濯石鹸、歯磨き粉の特別配給が行われることになっていたが、職場によってもらえるものが異なり、すべてがもらえた人は少なかったようだ。炭鉱、鉱山、協同農場などでは洗濯石鹸、歯磨き粉、豚肉しかもらえなかった。

国境警備司令部の軍官(裁判にかけられた人とは別の人と思われる)の家族は、コメがもらえなかったため、トウモロコシを売ってそれでコメを買って食べたという。配給で最優先される立場の人への配給の量が減らされる事態は、1990年代後半の大飢饉「苦難の行軍」のころにも考えられなかったことだ。

(参考記事:配給停止で食糧確保に駆けずり回る北朝鮮の警察官

司令部にいては食べ物にありつけない軍官たちは、隷下の部隊に行こうとする。末端兵士に配給される食糧が盗み食いできるという情けない理由からだ。

(参考記事:「指揮官が遅刻するから戦闘準備できない」金正恩氏のポンコツ軍隊

    関連記事