韓国国防省は13日、北朝鮮北西部・東倉里のミサイル発射場での復旧の動きを巡り、「外形的な施設復旧はほぼ完了したと把握されている」と明らかにした。聯合ニュースが伝えた。

国会国防委員会所属議員への報告で明らかにしたという。ただ、同省は「機能的に復旧したかどうかは確認されていない」としている。

    関連記事