北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は8日、過去の賠償なくして日本との対話はあり得ないと主張する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「ハノイで行われた第2回朝米首脳会談が成功裏に行われ、よい実が結ばれることを願ってやまなかった内外は会談が意外にも合意文なしに終わったことに対して米国にその責任があると一様に主張し、残念と嘆息を禁じえていない」として、米朝首脳会談が合意なしに終わった事実について、北朝鮮メディアで初めて言及。

続けて「しかし、唯一、日本の反動層だけはまるで待ち焦がれていた朗報に接したかのように拍手をしながら小憎らしく振る舞っている」と主張した。

さらに、安倍政権が北朝鮮との対話に意欲を見せていることに言及しつつ、「日本はずる賢い心根に満ちている墨水をきれいに吐かない限り、過去の罪悪を十分に賠償し、軍事大国化の羽をたたまない限り、われわれの相手となる夢を見てはならない」と強調した。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝米の間に介入して妨げようとやっきになっている日本を糾弾

【平壌3月8日発朝鮮中央通信】全世界が朝鮮半島での平和過程が順調に流れ、朝米関係が一日も早く改善されることを心から願っている。

それゆえ、今回にハノイで行われた第2回朝米首脳会談が成功裏に行われ、よい実が結ばれることを願ってやまなかった内外は会談が意外にも合意文なしに終わったことに対して米国にその責任があると一様に主張し、残念と嘆息を禁じえていない。

8日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、しかし、唯一、日本の反動層だけはまるで待ち焦がれていた朗報に接したかのように拍手をしながら小憎らしく振る舞っているとし、それについて資料を挙げて暴露した。

同紙は、招かれざる客である日本が朝米の間に介入して妨げようとやっきになっているのは朝鮮半島と地域の平和を論じる場に参加できず、馬に混じりたる牛ということわざ同様の哀れな立場を免れようとするためであると暴いた。

同紙は、実に憎たらしく、びんたをくわしたいやからだと言わざるを得ないとし、次のように指摘した。

しかし、安倍一味は今こそ日本が出て橋をかけるべき時であると言って鉄面皮に平壌の門を叩いている。

われわれと相手するにはこれまで犯した罪があまりにも大きく、そのうえに米国の操り人形にすぎない小人を相手して収められるものは全くない。

日本はずる賢い心根に満ちている墨水をきれいに吐かない限り、過去の罪悪を十分に賠償し、軍事大国化の羽をたたまない限り、われわれと相手する夢を見てはならない。

いつまでも蚊帳の外に座って歴史から消える瞬間を待つこと、これが見捨てられた日本の運命である。---

    関連記事