北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(国務委員長)とトランプ米大統領とは28日、ベトナムの首都ハノイで2日目の首脳会談を行ったが、非核化や米朝関係改善、朝鮮半島の平和体制構築を巡り新たな合意に至ることなく、文書への署名も見送り、日程を繰り上げて終了した。

トランプ氏は会談後の記者会見で、北朝鮮が制裁の「緩和」でなく「解除」を求めたと明らかにし、「われわれはできなかった」と述べた。また、米国が目指す非核化については「完全かつ不可逆的な非核化が非常に重要な概念」だとした上で、北朝鮮は「核を全て放棄すべきだ」と述べた。

一方で、制裁を今以上に強化したり、米韓合同軍事演習で北朝鮮を圧迫したりすることについては「必要とは思わない」と表明。金正恩氏との関係はなお良好であると明言し、「問題は時間が解決するはず。北朝鮮は非核化の意思示している」と話した。

次回の会談については「約束していない」としつつも、「会談場の雰囲気は非常に友好的だった」として、今後の対話継続への期待を強調した。

    関連記事