北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は27日、日本が国連安全保障理事会の常任理事国を目指すのは「せん越で無分別」であるとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:北朝鮮が「正常国家の日本」を激しく警戒する理由

論評は、日本は第2次世界大戦の「戦犯国の中で唯一に過去清算を正しくしなかった国だ」として、次のように続けた。

「過去の罪科に対して認定も、謝罪も、清算もしていない日本が図々しくも世界の平和と安全保障を使命とする国連安保理常任理事国のポストを欲しがること自体が国連憲章に対する露骨な無視であり、人類の良心に対する愚弄、挑戦である」

そのうえで、「日本がやるべきことは、特大型反人倫犯罪に対する国家的・法的責任を認め、徹底した謝罪と賠償をすることだけ」だと強調した。

    関連記事