北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は27日、日本が国連安全保障理事会の常任理事国を目指すのは「せん越で無分別」であるとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、日本は第2次世界大戦の「戦犯国の中で唯一に過去清算を正しくしなかった国だ」として、次のように続けた。

「過去の罪科に対して認定も、謝罪も、清算もしていない日本が図々しくも世界の平和と安全保障を使命とする国連安保理常任理事国のポストを欲しがること自体が国連憲章に対する露骨な無視であり、人類の良心に対する愚弄、挑戦である」

そのうえで、「日本がやるべきことは、特大型反人倫犯罪に対する国家的・法的責任を認め、徹底した謝罪と賠償をすることだけ」だと強調した。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 国連安保理常任理事国のポストを欲しがる日本を嘲笑

【平壌2月27日発朝鮮中央通信】今、国連舞台では安保理改革のための政府間協商が引き続き行われている。

安保理常任理事国の拡大など核心事項を巡ってしつこい論戦が展開される中、日本が常任理事国入りに有利な道を開いてみようと狡猾(こうかつ)に策動している。

27日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、自国の境遇は全く考えず、国連安保理常任理事国のポストを欲しがっている日本の行為はせん越で無分別な行為だと嘲笑(ちょうしょう)した。

同紙は、日本は戦犯国の中で唯一に過去清算を正しくしなかった国だとし、次のように強調した。

20世紀の前半期、わが国をはじめアジア諸国を侵略し、太平洋戦争を挑発して第2次世界大戦の炎をアジア太平洋地域に拡大したのがほかならぬ日本である。

過去の罪科に対して認定も、謝罪も、清算もしていない日本が図々しくも世界の平和と安全保障を使命とする国連安保理常任理事国のポストを欲しがること自体が国連憲章に対する露骨な無視であり、人類の良心に対する愚弄、挑戦である。

初歩的な資格も備えられていない分際で、前首を長くして無分別に高い所だけを見上げる日本に対して世界の民心は嘲笑を送っている。

特大型反人倫犯罪でアジア諸国人民の心に代をついで癒せない傷を残した日本がやるべきことは、特大型反人倫犯罪に対する国家的・法的責任を認め、徹底した謝罪と賠償をすることだけである。---

    関連記事