北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は23日、「人材重視、科学・教育重視は社会主義建設で大飛躍の基本方途」だとする論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論説は「自力更生の旗を高く掲げ、社会主義建設の新たな進撃路を開いていくための闘いを力強く繰り広げているこんにち、全ての部門で大飛躍、大革新を起こすには一にも、二にも人材と科学・教育事業を重視すべき」などと述べた。

    関連記事