人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

今、朝鮮半島にはわが朝鮮の主動的な努力によって平和の気流が生じている。

北南間にも、軍事的緊張を緩和するための措置が講じられている。

まさにこのような時に、南朝鮮占領米軍維持費が大幅に増えた事実をどう見なければならないのか。

南朝鮮の各界の団体と人士が今回の「防衛費分担金特別協定」の締結を平和時代に逆行する行為に糾弾し、直ちに再交渉することを求めているのは理由なきことではない。

南朝鮮の人民が今回の交渉を屈辱的な交渉に糾弾し、「同盟」を口実にしてより多くの血税を奪い取ろうとする米国を暴露して「防衛費分担金特別協定」廃棄の闘争に出るのは、当然である。---

    関連記事