北朝鮮国営の朝鮮中央通信は13日、このところ険悪化している日韓関係の改善を訴える韓国の保守系議員らを「醜悪な親日逆賊」と非難する論評を配信した。

「民族の名簿から断固と除去すべきだ」というタイトルの論評は、韓国の野党・自由韓国党の院内代表らが「『北の非核化を導くうえで日本は重要な友邦』『政府が外交的無能を覆い隠すために反日感情をあおり立てている』と言い散らした」などと指摘。

(参考記事:【写真】元人気女子アナが韓国政府を猛批判「北が敵じゃないって…」

続けて「これは、民族の尊厳と利益は眼中になく、ひたすら同族対決と外部勢力追従から活路を見い出そうとする親日逆賊らの醜悪な本性をありのままさらけ出した反民族的売国行為」であるなどと息巻いた。

    関連記事