北朝鮮外務省傘下の日本研究所のリ・ハクナム研究員は、13日付の労働新聞に「独島(竹島)は朝鮮の不可分の領土」であるとする論説を寄稿し、日本を非難した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「世界は日本を警戒すべき」…北朝鮮が「いずも」空母化に猛反発する理由

論説は「独島は朝鮮の不可分の領土であり、その領有権問題に対して日本にはどうのこうのと言う何の論拠も、口実もない」と主張。

続けて「朝鮮再侵略の口実を設けるために独島が『日本固有の領土』というとんでもない詭弁を執ように唱えている」と決めつけた。

    関連記事