論評の全文は次のとおり。

二重的振る舞いは許されない 朝鮮中央通信社論評

【平壌2月8日発朝鮮中央通信】南朝鮮軍部が平和と安定の雰囲気を害する武力増強騒動に熱を上げている。

最近、「現在と未来の予想される軍事的脅威と安保変化に備える」という名目の下で「国防中期計画」なるものを新しく発表した軍当局はそれに従ってかつてより13.6%も増えた2500余億ドルの軍事費を支出しようと画策している。

これは、朝鮮半島の恒久的かつ強固な平和と安定を願う全同胞の志向と念願に背ちする危険きわまりない行為であり、われわれに対する露骨な挑発だと言わざるを得ない。

    関連記事