北朝鮮国営の朝鮮中央通信は8日、韓国が南北対話を進める一方で軍備を増強していることについて「二重的振る舞いは許されない」とする論評を配信した。

(参考記事:韓国専門家「わが国海軍は日本にかないません」…そして北朝鮮は

これに先立ち、労働新聞と民主朝鮮も同様の論評を掲載しており、北朝鮮が韓国側の動きに神経をとがらせている様子がうかがえる。

同通信は論評で「同族間の争い終息を確約した北南合意の裏面で強行されている無分別な軍事的行為は、われわれの強い警戒心と内外の懸念をかき立てており、それは現情勢の発展にもよくない影響を及ぼしている」と指摘。

続けて「表では『和解の微笑』を浮かべ、裏では対決の刃物を研ぎ、朝鮮半島と地域の平和保障に重大な障害をきたす南朝鮮軍部の二重的振る舞いは絶対に許されない」と強調した。

    関連記事