北朝鮮国営の朝鮮中央通信は30日、同国でこの冬、異常気象が続いていると伝えた。

同通信によれば、昨年12月4日から現在までの平均降水量は3.6ミリで、1981年以降では同期間の降水量としては最も少なく、北部内陸と東海岸北部の一部の地域を除く大部分の地域では積雪が全くなかった。

また、12月16日から今年1月26日まで、全国平均気温はマイナス5.7度で、昨年同期のマイナス7.3度より1.6度も高かった。

気象専門家はこうした現象について、「冷たい大陸高気圧の影響よりも、中部や南部にある高気圧の影響によって、冷たくない乾燥した空気が持続的に流れ込んだため」と分析しているという。

同通信の報道全文は次のとおり。

続く今年の冬の異常気候現象

【平壌1月30日発朝鮮中央通信】真冬の朝鮮で、降水量が非常に少なく、気温が高くて春季のように乾燥する異常気候現象が続いている。

集計資料によると、昨年12月4日から現在までの平均降水量は3.6ミリメートルで平年より極めて少なかった。

これは、1981年以降、同期間の降水量としては最も少ない記録である。

また、北部内陸と東海岸北部の一部の地域を除く大部分の地域に積もった雪が全くなかった。

特に、平安北道と江原道地方の平均降水量は1ミリメートル未満で非常に少なかった。

この期間に、平均大気湿度は64%で気象観測以来、最も低かったのでとても乾燥した状態が続いている。

昨年12月16日から今年1月26日まで、全国平均気温は-5.7度で、昨年の同期の-7.3度より1.6度も高かった。

この現象について気象専門家は、朝鮮に冷たい大陸高気圧の影響よりも中部や南部にある高気圧の影響によって冷たくなくて乾燥した空気が持続的に流れ込むからだと評している。---

    関連記事