北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は30日、日本の軍事力強化は第2次世界大戦での「敗北の復しゅうのため」であるとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、13日に習志野演習場で行われた陸上自衛隊第1空挺団の降下訓練始めに米軍部隊が参加したことや、防衛省が米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転先として鹿児島県西之表市の馬毛島の土地を購入する方針であることに言及。

これらの動きは「米国との軍事的協力強化を通じて海外膨張野望をなんとしても実現してみようとする日本反動層の狡猾(こうかつ)な下心」の表れであるとしながら、「敗北の復しゅうのために再侵略準備に拍車をかける日本反動層の妄動は、北東アジアだけでない世界の平和と安定を甚だしく脅かしている」と非難した。

同通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 海外膨張野望を実現しようとする日本反動層の狡猾な下心

【平壌1月30日発朝鮮中央通信】先日、日本の陸上「自衛隊」は千葉県習志野演習場で米陸軍特殊部隊との共同訓練を強行した。「離島防衛」を想定した訓練には陸上「自衛隊」の落下傘部隊である第1空挺団と昨年、上陸作戦のための専門部隊として新たに組織された水陸機動団が参加した。

今、日本政府は鹿児島県のある島を買い入れて米軍空母艦載機の離着陸訓練基地に利用しようとしている。

30日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは米国との軍事的協力強化を通じて海外膨張野望をなんとしても実現してみようとする日本反動層の狡猾(こうかつ)な下心を再度さらけ出したことになると暴いた。

同紙は、米国に日本の全領土をそっくり供してでも過去に遂げられなかった「大東亜共栄圏」の昔の夢を必ず実現しようとするのが日本反動層の変わらない侵略野望であると暴露した。

また、日本の反動層が狙う目的は「自衛隊」の軍事的作戦能力をさらに向上させて任意の時間、任意の場所で海外膨張を実践に移すところにあるとし、次のように強調した。

敗北の復しゅうのために再侵略準備に拍車をかける日本反動層の妄動は、北東アジアだけでない世界の平和と安定を甚だしく脅かしている。

日本の反動層は、大勢を冷徹に見るべきである。

今、広範な国際社会は日本の海外膨張策動を鋭く注視している。海外膨張野望に浮ついて無分別に狂奔するなら、与えられるものはただ日本の最終的な破滅だけである。---

    関連記事