北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は24日、国連で北朝鮮の人権問題を扱うキンタナ特別報告者の訪韓(7~11日)について、「北南関係の発展に水を差そうとする招かざる客の無分別な妄動」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

キンタナ氏は韓国に滞在中、政府高官や大韓赤十字社、国家人権委員会の関係者、市民団体などと面談。最終日の記者会見では「(南北の)鉄道連結など建設事業に参加する北朝鮮の労働者にどのような労働基準を適用するのか、はっきりとした合意がなければならない」などと指摘した。

また脱北者の韓国定着を支援する「ハナ院」を訪れ、最近北朝鮮から脱出した人たちと面談したキンタナ氏は、「北朝鮮の人権の現実は変わっておらず、相変わらず深刻」と説明。「国全体が監獄」であるとしたある脱北者の言葉を紹介した。

論評はこれに対し「悪らつな反朝鮮『人権』謀略騒動は北南間に不信と対決を助長させ、和解と協力を阻む」ものだと非難した。

「民主朝鮮」紙 国連「北人権特別報告官」の反朝鮮「人権」謀略騒動を糾弾

【平壌1月24日発朝鮮中央通信】先日、南朝鮮を訪問した国連「北人権特別報告官」が「協力拡大」「同時解決」などのほらを吹きながら、誰それの「人権問題」を国際化してみようと騒ぎ立てた。

24日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、国連「北人権特別報告官」の振る舞いは日々高まる朝鮮の尊厳と地位に泥を塗り、北南関係の発展に水を差そうとする招かざる客の無分別な妄動であると糾弾した。

同紙は、敵対勢力のしつこくて悪らつな反朝鮮「人権」謀略騒動は北南間に不信と対決を助長させ、和解と協力を阻む根源であるとし、次のように強調した。

周知のように、過去に国連内の不純敵対勢力は北南関係を極度に悪化させ、そこから漁夫の利を得るための反朝鮮「人権」謀略騒動を悪らつに強行してきた。

これは、民族の和解と団結、統一を願う全同胞のこみ上げる憤激をかき立てる民族離間術策として、絶対に許されない。

人権問題について言うならば、世界的な糾弾の対象は国連内で他国にかこつけて自分の利をむさぼるのに汲々とする敵対勢力である。

われわれは、自分の尊厳であり、生の全部である人民大衆中心の朝鮮式社会主義を少しでも謗り、わが民族の和解と団結、統一を妨げる敵対勢力のいかなる試みに対してはいささかの妥協や寛容も施さない。

敵対勢力は、時代の変化を直視し、分別のある行動を取るべきである。---

    関連記事