北朝鮮国営の朝鮮中央通信は22日、日本が英仏との軍事協力拡大に動いていることについて、朝鮮半島情勢の流れに逆行するものであると非難する論評を配信した。

論評は「われわれの『問題』を口実にしてさらに本格化される日本反動層の海外軍事共助の動きは、他国まで引き入れて朝鮮半島情勢をなんとしても悪化させて自分らの再侵略野望の実現と軍国主義復活を促進させようとする腹黒い下心の発露である」と主張。

また英仏に対しても「朝鮮半島の肯定的な情勢発展に逆行するのではなく、それを促すのが世界の平和と安全保障を使命とする国連安保理常任理事国としての責任を全うする道である」と指摘した。

論評の全文は次のとおり。

朝鮮半島情勢の発展に逆行した責任から逃れられない 朝鮮中央通信社論評

【平壌1月22日発朝鮮中央通信】最近、日本が英国、フランスなどとの軍事関係の構築に熱を上げている。

先日、首相の安倍が英国首相との共同記者会見で対朝鮮圧迫措置のひとつとして年明けに英国のフリゲート艦モントローズが日本に派遣されると明らかにしたのに続き、フランスと日本の外相、国防相の会談でも来る4月からフランスの海上哨戒機とフリゲート艦バンデミエール、原子力空母シャルル・ドゴールが日本「自衛隊」との共同訓練に参加することについて謀議した。

われわれの「問題」を口実にしてさらに本格化される日本反動層の海外軍事共助の動きは、他国まで引き入れて朝鮮半島情勢をなんとしても悪化させて自分らの再侵略野望の実現と軍国主義復活を促進させようとする腹黒い下心の発露である。

戦争の瀬戸際まで突っ走っていた朝鮮半島情勢が好転している歴史的な転換の局面で古い対決構図が崩れながら平和と安定に向けた新しい気流が流れている。

このような情勢の発展を快く思わず、なんとしてもこれを逆戻りさせようとやっきになっている行為によって、こんにちの国際情勢の流れから排除されている日本が、フランスと英国まで引き入れて情勢を混乱させる軍事行動を繰り広げているのは国際社会を驚愕させている。

AFP通信をはじめ複数のメディアが「トランプ行政府のアジア同盟諸国に対する防御意志が疑わしい状況の下で日本はフランスを引き入れて中国と北朝鮮を警戒している」と嘲笑(ちょうしょう)しているのは理由なきことではない。

今、日本周辺の国・地域は他国に対する軍事的脅威によって生じることになる情勢の緊張を必要としない。むしろ、日本の好戦的発言とは正反対の立場を堅持している。

日本政治の方向舵を握った当局者らが大勢の流れにあくまでも顔をそむけたまま、制裁・圧迫を唱えて誰それを後ろ盾にして軍国化と再侵略野望の実現において進展を遂げようとすることこそ、きわめて愚かな行為である。

特に、一部の国々が国連安保理の「制裁決議」の履行を口実にして朝鮮半島周辺の水域に軍艦を派遣しようとするのはわが国家の自主権を侵害し、緊張と対決を引き起こす危険きわまりない軍事的挑発である。

とりわけ、20世紀にアジア諸国の人民に計り知れない惨禍を被らせて敵国の汚名をすすげずにおり、今もなんとしても朝鮮半島情勢を悪化させて軍国化の名分を立てようと策動する日本と共にわれわれを狙った軍事行動に踏み出そうとするのはわが人民の大きな憤怒をかき立てている。

朝鮮半島と地域の情勢安定は決して、容易にもたらされたものではなく、真の平和を願う国なら、現局面を大事にすべき共同の責任を担っている。

朝鮮半島の肯定的な情勢発展に逆行するのではなく、それを促すのが世界の平和と安全保障を使命とする国連安保理常任理事国としての責任を全うする道である。

それが誰であれ、朝鮮半島と地域に流れる平和的気流に逆行するなら、その悪結果に対する責任から絶対に逃れられなくなるであろう。---

    関連記事