北朝鮮国営の朝鮮中央通信は16日、日本人拉致問題は「解決済み」であり、日朝間の懸案は日本の過去清算にあるとする論評を配信した。

論評は、北朝鮮による拉致の疑いが持たれている「特定失踪者」のリストに上がった人の中から、日本国内での生存が確認される事例が出ていることに言及。「自国の社会悪が生じさせた問題をわれわれと無理に結び付け、躍起になって食い下がる日本の行動は、この国が心から朝日両国間の絡んだ問題を解決し、友好を図ろうとする意図でない不純な目的を追求している」ことを示すものだと決めつけた。

論評はまた「20世紀、日本はわが国を不法に占領し、野蛮な強制徴兵・徴用政策の下、840万人余りの朝鮮の青壮年を拉致、誘拐、連行して戦場と死の苦役場に駆り出し、同じ手法で20万人の朝鮮女性を『皇軍』の性奴隷に転落させたし、100余万人の朝鮮人を無残に虐殺した」と主張。

「にもかかわらず、日本はこんにちまで過去に働いた自分らの天人共に激怒する犯罪行為に対する賠償はおろか、反省と謝罪もしていない」として、過去清算を求めた。

論評の全文は次のとおり。

日本の未来は過去清算にある 朝鮮中央通信社論評

【平壌1月16日発朝鮮中央通信】去る1日、日本首相の安倍が年頭の所感を発表する場で戦後、日本外交の総決算をうんぬんしていわゆる「拉致問題」の解決に全力を尽くすとでまかせにしゃべった。

これは、「拉致問題」を口実にして過去の特大型反人倫犯罪をなんとしても覆い隠し、その清算を回避しようとする日本特有の破廉恥な行為に過ぎない。

「拉致問題」は、われわれの誠意と努力によってすでに久しい前に解決済みの問題であって、すでに存在しない。

われわれによって「拉致」されたという行方不明者が列島の各地から引き続き発見されている事実は、この問題がわれわれとは何らの関係がなく、逆に日本社会の劣悪な実状を見せる指標にしかならないことを実証している。

自国の社会悪が生じさせた問題をわれわれと無理に結び付け、躍起になって食い下がる日本の行動は、この国が心から朝日両国間の絡んだ問題を解決し、友好を図ろうとする意図でない不純な目的を追求していることを世界に刻印させるだけである。

日本は拉致大国、特大型反人倫犯罪国家である。

20世紀、日本はわが国を不法に占領し、野蛮な強制徴兵・徴用政策の下、840万人余りの朝鮮の青壮年を拉致、誘拐、連行して戦場と死の苦役場に駆り出し、同じ手法で20万人の朝鮮女性を「皇軍」の性奴隷に転落させたし、100余万人の朝鮮人を無残に虐殺した。

日帝の血に染まった軍靴が多くのアジア諸国に跡を残している事実を考慮すれば、日本が朝鮮をはじめとするアシア諸国の人民にどれほど多大な損害と苦痛を与えたのかは難なく推測することができる。

にもかかわらず、日本はこんにちまで過去に働いた自分らの天人共に激怒する犯罪行為に対する賠償はおろか、反省と謝罪もしていない。

国際社会の日増しに激烈になる対日糾弾と非難を通じて覚醒する代わりに、「拉致問題」を世論化、国際化して世界の視線をよそにそらし、過去犯罪の責任から逃れようと狂奔している。

日本こそ、道徳的に低劣で、極めて厚顔無恥な国である。

日本がとんでもない「問題」を掲げて正常国家の隊列にうまく入れると思うなら、そのように愚かで幼稚な妄想はない。

日本は、正義と不正義に関する正しい見解から持たなければならない。

人類に莫大な損害と苦痛を浴せかけた歴史的事実に対する謙虚な認定と誠実な反省、痛切な謝罪と徹底的な賠償なしに、むしろ、それを正当化する国が正常国家になり得ないことはあまりにも自明である。

醜悪な犯罪史との断固たる決別だけが、国際社会に映った日本の汚らわしいイメージを改善する道である。

日本の未来は、過去清算にある。---

    関連記事