月刊朝鮮の最新号に掲載されたインタビューで、2009年12月に北朝鮮に不法入国し43日後に解放された米国系韓国人のロバート・パク氏(29)は「大韓民国憲法と国際法によれば、北朝鮮指導部は政権というよりも世界最大の人権犯罪組織に近い」と明らかにした。

パク氏は「北朝鮮で今まで300万人または、さらに多くの人が死にました。金正日は巨額の支援金を住民に別けずに武器の開発に転用しました。ホロコースト以降で最も大きな集団虐殺。2000万人の住民を人質とし、全世界を相手に脅迫を日常的に行う彼らの存在は、韓国人と世界の人の責任」と強調した。

「北での拷問を思い出すと自殺したくなる」

「金正日政権との対話は魂を悪魔に売ること。もう方法自体を変えなければならない」と話した。苦痛を受けている住民の利益を優先しなければならないという指摘だ。