金正恩同志が中国を訪問

【平壌1月10日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長であるわが党と、国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が、中国共産党中央委員会総書記で中国国家主席である習近平同志の招請によって、チュチェ108(2019)年1月7日から10日まで中国を訪問した。

敬愛する最高指導者と共に、李雪主女史が同行した。

朝鮮労働党中央委員会政治局委員で党中央委員会副委員長である李洙墉、金英哲、朴泰成の各氏、朝鮮労働党中央委員会政治局委員で外相である李容浩氏、朝鮮労働党中央委員会政治局委員候補で人民武力相である努光鉄氏、朝鮮労働党中央委員会政治局委員候補で党中央委員会第1副部長である金與正氏、朝鮮労働党中央委員会部長である李日煥、崔東明の両氏をはじめ、党中央委員会と朝鮮国務委員会の幹部が随行した。

敬愛する最高指導者が乗った専用列車が現地時間で7日夜9時30分、中国の国境都市丹東に到着した。

敬愛する最高指導者を迎接するために、中国共産党中央委員会対外連絡部長である宋濤氏、遼寧省党委員会書記である陳求発氏、中国鉄路総公司総経理である陸東福氏、李進軍駐朝中国大使、丹東市党委員会書記である葛海鷹氏が丹東駅に出ていた。

敬愛する最高指導者は、李雪主女史と共に列車から降りて迎えに来た中国側の幹部らと親しくあいさつした。

習近平総書記同志と中国共産党中央委員会の委任によって、中国共産党中央委員会対外連絡部長である宋濤氏が敬愛する最高指導者を温かく迎え、心からの熱烈な歓迎のあいさつをした。

    関連記事