同紙は、日本の反動層が過去の侵略史を美化、粉飾して社会に軍国主義の毒素をヒステリックに吹き込んでいるかとすれば、「平和憲法」まで改正して「戦争を行える国」になるために狂奔するなど、あらゆるあがきをしていることについて暴いた。

また、日本の反動層が「防衛計画大綱」と「中期防衛力整備計画」を新たに改正して発表したのも、その延長線上で強行されたものだと暴き、次のように強調した。

日本の反動層は今や、「専守防衛」の欺まん的なベールまで完全に脱ぎ捨てて「自衛隊」を攻撃型の侵略武力に強化する企図を露骨にさらけ出している。

日本の反動層が追求する軍国主義の復活と侵略策動を放任するなら、サムライの後えいがまたもや罪悪の「旭日旗」を掲げて朝鮮半島をはじめとするアジア地域を血で染めるようになるのは明白である。---

    関連記事