同通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 日本反動層の再侵略野望策動を糾弾

【平壌1月8日発朝鮮中央通信】日本の反動層が昨年末、新たに改正した「防衛計画大綱」とそのための具体的な武器調達計画である「中期防衛力整備計画」なるものを発表した。ここで日本の反動層は、朝鮮にかこつけていわゆる「重大かつ最も差し迫った脅威」をうんぬんしながら武力増強策動に拍車をかける下心をさらけ出した。

8日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは他人にかこつけて自分の欲望を満たそうとする島国一族のずる賢さと狡猾(こうかつ)さ、軍国主義の野望をなんとしても実現しようとするサムライ後えいの残虐性を余地もなくさらけ出した無分別な妄動であると糾弾した。

    関連記事