同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 敗北の轍を踏む日本反動層の妄動を糾弾

【平壌1月7日発朝鮮中央通信】日本当局が、防衛計画大綱と5年間の中期防衛力整備計画を決定した。

この計画に関連して日本の政客らは、中国をはじめとする周辺諸国の軍事力増強に対応した多方面統合防衛力構築の必要性について力説した。

計画には、「自衛隊」に宇宙専門部隊を新設し、護衛艦いずもを最新鋭ステルス戦闘機F35Bを載せる空母に改修するというなどの武力増強項目が明記されている。

日本の執権勢力は、2019会計年度軍事費に歴代最高である5兆2574億円を割り当てた。

    関連記事