北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)は1日、在日本朝鮮人総連合会の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長に新年の祝電を送った。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏は祝電で「新年に総連では白頭山の不世出の偉人たちの主体的海外同胞運動思想と不滅の業績を必勝の霊剣にとらえて祖国人民の力強い闘いの勢いに歩調を合わせて、総連第24回全体大会の決定貫徹に邁進することによって、在日朝鮮人運動の全面的繁栄をもたらすための強固な跳躍台を築かなければならない」と指摘した。

一方、同通信によれば総連中央常任委も同日、金正恩氏に書簡を送り「不眠不休の革命指導でチュチェ朝鮮を世界が公認する尊厳ある国家の地位に堂々と引き上げ、チュチェ偉業の最後の勝利を早めていく金正恩委員長はわが祖国と民族の燦爛(さんらん)たる未来を保証する不世出の偉人である」と礼賛した。

同通信の一連の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が総聯中央常任委議長に祝電

【平壌1月1日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である朝鮮国務委員会の金正恩委員長が、在日本朝鮮人総聯合会中央常任委員会の許宗萬議長に1日、祝電を送った。

祝電は、希望に満ちる新年2019年を迎えて議長同志をはじめとする全ての総聯(朝鮮総聯)の活動家と在日同胞に熱烈な祝賀と温かい同胞愛的あいさつを贈ると指摘した。

また、2018年は金日成・金正日朝鮮の尊厳と威容が全世界に誇り高く誇示された偉大な勝利の年であったし、北と南、海外の全同胞の積極的な闘いと支持・声援の下で朝鮮半島に民族和解と平和・繁栄の新時代が開かれた意義深い年であったと明らかにした。

そして、昨年、総聯は遠い異国の地で朝鮮民主主義人民共和国創建70周年を盛大に祝い、総聯第24回全体大会を勝利と団結の大会として立派に飾ったし、愛国・愛族運動を絶えず高調させて総聯の活動全般において大きな成果を収めたと指摘した。

さらに、総聯と在日同胞が内外の反動層の悪らつな弾圧の中でもチュチェ朝鮮の尊厳ある海外公民団体としての本態をはっきり誇示し、祖国と民族に担った誉れ高い使命と任務を立派に遂行したことについて高く評価し、熱い感謝を送った。

続けて、新年2019年は社会主義強国建設のより高い目標へ飛躍するための総突撃戦の年であり、在日朝鮮人運動の新たな全盛期を開くための闘いで画期的な前進を遂げるべき荘厳な進軍の年であると強調した。

また、新年に総聯では白頭山の不世出の偉人たちの主体的海外同胞運動思想と不滅の業績を必勝の霊剣にとらえて祖国人民の力強い闘いの勢いに歩調を合わせて、総聯第24回全体大会の決定貫徹に邁進することによって、在日朝鮮人運動の全面的繁栄をもたらすための強固な跳躍台を築かなければならない指摘した。

そして、金日成主席と金正日総書記の愛国遺産である総聯を一瞬も忘れておらず、新年も総聯愛国偉業の勝利的前進と繁栄する在日同胞社会のために百方の努力と熱い血縁の情を傾けていくと明らかにした。

さらに、新年に許宗萬議長同志をはじめとする全ての総聯の活動家と在日同胞の健康と、同胞の家ごとに幸福が宿り、愛する同胞子女により明るい未来があることを祈ると指摘した。---

金正恩党委員長に総聯中央常任委から書簡

【平壌1月1日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩党委員長に、新年2019年を迎えて在日本朝鮮人総聯合会中央常任委員会から1日、書簡が寄せられた。

書簡は、在日本朝鮮人総聯合会中央常任委員会は新年2019年を迎えて金正恩委員長に全ての総聯(朝鮮総聯)の活動家と在日同胞の限りない敬慕と衷情の一念を込めて最上最大の栄光と最も熱烈な祝賀を贈ると指摘した。

不眠不休の革命指導でチュチェ朝鮮を世界が公認する尊厳ある国家の地位に堂々と引き上げ、チュチェ偉業の最後の勝利を早めていく金正恩委員長はわが祖国と民族の燦爛(さんらん)たる未来を保証する不世出の偉人であると激賞した。

金日成主席と金正日総書記の崇高な志をそのまま継いで総聯と在日同胞を大きな懐に抱き、慈父の愛で見守ってくれる金正恩委員長は総聯の活動家と在日同胞の生の恩人であり、総聯を世界海外同胞運動のモデル組織に導く英明な領袖であるとたたえた。

総聯は、社会主義祖国の富強・発展と祖国統一の実現に特色ある寄与をして祖国と民族に担った自己の使命と愛国的本分を全うしていくと強調した。

書簡は、総聯は金正恩委員長の指導に従って社会主義強国の勝利峰に向かって総攻撃戦を展開していく祖国人民の革命的闘争の勢いに歩調を合わせて、2019年を在日朝鮮人運動の全面的繁栄をもたらすための強固な跳躍台を築く勝利の年として立派に飾ると明らかにした。---

    関連記事