人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 日本は無分別な軍事的妄動を直ちに中止すべきだ

【平壌12月24日発朝鮮中央通信】日本防衛省が迎撃ミサイル防衛システム「イージス・アショア」の配備可能性を判断するためのボーリングに着手した一方、この前は米国と共に共同で製作した迎撃ミサイルの試射が行われた。

今後5年間、新型ステルス戦闘機と長距離ミサイル、そのほかの軍事装備を大々的に購入することを計画した新防衛計画大綱の輪郭もあらわになって国際社会の大きな懸念をかき立てている。

24日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、問題は日本の尋常でない軍事的動きが誰それの「脅威」に対処するという美名の下に行われていることであると指摘した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

    関連記事