北朝鮮国営の朝鮮中央通信は15日、オーストラリアが北朝鮮による「瀬取り」監視のため哨戒機を投入していることなどを非難する論評を配信した。

論評は、「朝鮮半島と地域にもたらされた平和の気流に逆行するきわめて不純な行為として、問題視せざるを得ない」と主張。

続けて「オーストラリアは、盲目的な対米追随によって現代版ドンキホーテになるのではなく、理性をもって思考する方がよかろう」などと述べた。

    関連記事