昨年12月上旬、北朝鮮の両江道(リャンガンド)白岩(ペガム)郡に向かっていた貨物列車が脱線し、80人以上の死傷者が発生したと、11日、内部情報筋が伝えてきた。

この日、両江道の消息筋は「昨年12月11日、白岩郡ヨンアム区を出発し白岩労働者区に向かった木材貨物列車が、北界スリョンを越える際に急カーブで脱線、斜面に落ちた。当時、現場では18人が死亡し、負傷者は70人を越えた」という。

「死亡者で身元が確認された人々は居住地に消息を伝えたが、公民証がなく身元不明な人々は、共同で葬儀を行った。負傷者は白岩郡『鉄道病院』に運ばれたが、病室が不足していたので第2人民病院に分けて入院した」と状況を伝えた。

また「事故後、人民班の会議で担当保安員が参加し、『旅行でも商売でも、身分証と証明書を必ず持参しなさい。身分が確認出来ない為、死んでも誰のか分からず、知らせることもできないではないか』と急き立てた」と話す。

葬儀費用に関して、この情報筋は「おそらく、事故現場で回収した穀物を売って捻出したようだ」と伝えた。事故現場は生計のために商売をしていた主婦らの商売物品(ジャガイモでんぷん、麦、ピーナッツ、ジャガイモなど)で、修羅場だったと当時の状況を説明する。

情報筋は「北部地区鉄道総局の白岩分局では、事故で死亡した機関士に責任があると結論付けた。このことから、機関士と技術者は、貨物列車を運行することを敬遠している」という。

一方、「鉄道事故が起きたことも話題だが、それより、大きな話題は事故現場を整理する保安員が遺体などから、価値のある物を回収したことだ。保安員達の悪いうわさで物騒な雰囲気だ」と事故後の様子を伝えた。

両江道白岩郡と咸鏡北道茂山郡を繋ぐ白岩-茂山線(白茂線)では、昨年大型列車事故が相次いで発生している。情報筋は「過去には、大きな事故が3度。小さい事故は、しょっちゅう起こっている」と話す。白茂線は主にヨンアム林業事業所で生産される木を輸送する鉄道で、旅客列車より貨物列車が多く運行される。

自由北韓放送は、昨年11月30日にも両江道白岩郡で、白岩峰に向かう線路を登っていた列車が山の下に転落、数百人が死亡したと報じている。

    関連記事