同紙は、世界的に公認された特大型の拉致犯罪国家はまさに、日本であるとし、これについて資料を挙げて暴露した。

また、日本の当局者がすでに解決済みの拉致問題を持ち出して卑屈な請託外交を繰り広げていることこそ、盗人猛々しい妄動であるとし、次のように強調した。

安倍が財布をちらつかせて他国に拉致問題解決のための協力を哀願し、米国との緊密な協力確認を力説したのは、特大型の拉致犯罪国が陥った苦しい立場を自ら反証したものである。

国際社会は、拉致王国である日本の図々しさに憤怒を感じている。

日本は代を継いで贖罪(しょくざい)し、謝っても足りない過去の罪悪に対してはっきり反省し、その清算に誠実に臨まなければならない。---

    関連記事