同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 特大型の拉致犯罪を覆い隠そうとする日本首相の卑劣な術策

【平壌12月2日発朝鮮中央通信】最近、シンガポールを訪問した日本首相の安倍が、東南アジア諸国の首脳に財布をちらつかせながら、拉致問題の解決に対する協力を請託した。

これに先立って、日本を訪問した米副大統領のペンスに拉致問題の解決に協力してくれと哀願し、共同記者会見の場でこの問題における日米間の緊密な協力を確かめたと力説した。

2日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、安倍の卑劣な哀願行為は日本軍性奴隷犯罪をはじめ過去の日本の特大型の反人倫犯罪行為を覆い隠そうとする卑劣な術策であると暴いた。

    関連記事