北朝鮮の金正恩党委員長がトランプ米大統領に対し、寧辺(ニョンビョン)にある核施設の検証を認める意向を伝えていたと、韓国の聯合ニュースが27日、外交消息筋の話として報じた。

金正恩氏は9月に平壌で行われた南北首脳会談で文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領にメッセージを託し、文在寅氏が同月ニューヨークで開かれた米韓首脳会談で、これをトランプ氏に伝えたという。

寧辺の核施設は北朝鮮が2009年に国際原子力機関(IAEA)の査察官を追放してから国際社会による監視の外にある。北朝鮮の非核化を進める上で、同施設の検証は極めて重要な意味を持つ。

金正恩氏が非核化を進める意思を表明して以降も、北朝鮮は同施設の検証を受け入れるという意向を公に明かしていない。米国はこれに対し、同施設への査察受け入れを、非核化交渉で強く要求してきた。

    関連記事