滞在中のロシアから韓国に向かおうとしていた脱北者が、北朝鮮に強制送還される事件が起きた。

デイリーNKの対北朝鮮情報筋によると、今月初めにモスクワで韓国行きを待っていた脱北者チュ・ギョンチョルさん(29歳)が忽然と姿を消した。7日にウラジオストクで裁判を受け、その日のうちに北朝鮮に強制送還された。その後の処遇については明らかになっていないが、韓国行きを目指していたため、収容所送りを含めた重罰が予想される。

北朝鮮当局は近年、相当に強引な手段を動員し、脱北者の拉致・強制送還を続けている。

(参考記事:美人タレントを「全身ギプス」で固めて連れ去った金正恩氏の目的

チュさんは昨年、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の下戦士(二等兵)の身分で、労働者としてロシアに派遣された。しかし、辛い労働に耐えかねて韓国行きを決心した。各所の助けを借りて、手続きをほぼ終え、後は韓国行きを待つだけだった。

(参考記事:事故・自殺・そして拷問 「労働者の生き血」を吸う金正恩氏の外貨稼ぎ

チュさんが北朝鮮に強制送還されたという衝撃的な話は関係者の間に急速に広がったが、これまでのところ、ロシアメディアはこの件を報じていない。

情報筋は、北朝鮮当局がロシア当局に協力を要請した上で拉致したものと見ている。また、北朝鮮で高官を務めた脱北者も、チュさんが収容所に送られるものと見ている。

「単純な職場離脱なら、労働鍛錬隊(軽犯罪者を収容する刑務所)で済まされることもあるだろうが、脱北(して韓国行き)を試みたことがバレれば、そうはいかないだろう。兵士の身分であることに加え、韓国行きを試みたことはすでにバレている可能性が高く、収容所送りになるだろう」

ロシアで働く北朝鮮人労働者は、他の国と比べて比較的ゆるい監視のもとに置かれていると言われている。それが、脱北者を多く生み出す一因となっている。2016年8月末には、労働者10人が駐サンクトペテルブルグ韓国領事館に亡命を申請している。

(参考記事:ロシアで約10人の北朝鮮労働者が集団脱北

昨年2月には、欧州人権裁判所(ECHR)が、ロシア政府に対して脱北者チェ・ミョンボクさんの強制送還を、審理が終わるまで禁止する決定を下している。

(参考記事:ロシアで20年近く暮らした脱北者、強制送還の危機を免れる