北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は21日、戦時中の従軍慰安婦問題を巡り、「日本が働いた性奴隷犯罪は国際法的時効が適用されない」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は「特に問題とされるのは、それが過去の日本政府の直接的な介入の下で組織的に、系統的に強行された犯罪であることである」としながら、「法律的時効に関する国際慣習法と成文法によると、戦争の犯罪や人道に関する犯罪、奴隷犯罪など基本人権に関する犯罪には、時効が適用されない」と指摘。

続けて「日本は過去の罪悪に対して誠実に謝罪し、無条件賠償すべき」と主張した。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 日本は性奴隷犯罪の責任から絶対に逃れられない

【平壌11月21日発朝鮮中央通信】最近、米国の首都ワシントンで日本軍性奴隷犯罪を取り扱った初の国際映画祭が開かれた。

複数の国が参加した映画祭のテーマは「戦争中の性暴力、癒えない傷」である。

21日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、現実は日本が性奴隷犯罪を絶対に否定することも隠すこともできず、日本の過去の清算は回避できない国際社会の要求であることを実証していると強調した。

同紙は、次のように指摘した。

20世紀の前半期に日本が働いた性奴隷犯罪は国際法的時効が適用されない特大型反人倫罪悪である。

特に問題とされるのは、それが過去の日本政府の直接的な介入の下で組織的に、系統的に強行された犯罪であることである。

法律的時効に関する国際慣習法と成文法によると、戦争の犯罪や人道に関する犯罪、奴隷犯罪など基本人権に関する犯罪には、時効が適用されない。

日本は過去の罪悪に対して誠実に謝罪し、無条件賠償すべきである。

国際社会に堂々となれる道は、それだけである。---

    関連記事