北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は20日、日本の安倍政権が推進する改憲は「海外侵略野望の実現」を狙うものだと非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「日本軍が慰安婦を虐殺した映像ある」北朝鮮メディア報道

論評は、「過去、日本の侵略武力がアジア諸国を軍靴で踏みにじってどんな反人倫犯罪行為を働いたのかは世界があまりにもよく知っている。それゆえ、国際社会は日本の軍国主義馬車がヒステリックに疾走していることに強い懸念を表している」と指摘。

そのうえで「日本がはっきり認識しなければならないのは、軍国主義馬車が着く終着点が完全な破滅だということだ」と主張した。

    関連記事