北朝鮮国営の朝鮮中央通信は16日、「日本軍性奴隷問題の解決は国際的要求」と題した論評を配信し、この問題に対する謝罪と賠償を求めた。

論評は、日本政府は慰安婦が強制連行されたことを示す資料を隠ぺいしていると主張。「しかし、罪悪の歴史は決して隠滅することも、葬ることもできない」としながら、次のように指摘した。

「最近だけでも、米国立文書保管所に所蔵されていた過去の日帝が朝鮮人性奴隷を野獣のように虐殺した天人共に激怒する蛮行を立証する映像記録編集物と共に、1944年9月13日に性奴隷として引き連れていた30人の朝鮮女性を銃殺したことについて記録した連合軍作戦日誌が公開されたことをはじめ、数多くの性奴隷犯罪関連事実があらわになった」

そのうえで論評は「日本は、性奴隷問題の解決に対する国際的要求に顔を背けるのではなく、誠実に謝罪し、徹底的に賠償すべき」と強調した。

論評の全文は次のとおり。

日本軍性奴隷問題の解決は国際的要求 朝鮮中央通信社論評

【平壌11月16日発朝鮮中央通信】先日、米国のワシントンで日本軍性奴隷問題を反映した国際映画祭が開幕した。

日本軍性奴隷問題を正面切って扱った初の国際映画祭で、「戦争中の性暴力、治癒しない傷」をテーマとしている。

これを通じて国際社会は、日本の汚い過去の一環である性奴隷問題の解決が看過できない要求として提起されている現実を実感している。

日本軍性奴隷犯罪は、過去、日帝が政府の直接的な介入の下に働いた天人共に激怒する反人倫的な特大型罪悪である。

20万人に及ぶ朝鮮女性をはじめ、数多くのアジア女性を組織的に強姦、輪姦した後、大量虐殺したのに何の謝罪と賠償もせず、法的処罰も受けていないのがまさに、こんにちの日本である。

日本の反動層は、獣も顔を赤らめる歯ぎしりする過去の罪悪に対して謝罪し、反省する代わりに、日々厚顔無恥に振る舞って万人を驚愕させている。

性奴隷犯罪に関する資料を極力隠ぺいする方向に進んでいる。

日本軍性奴隷制の樹立と運営に加担した主要犯罪者らが、口をつぐんで犯罪行為について白状せずにいる。

防衛省と警察庁、厚生労働省、財務省などに膨大な軍性奴隷犯罪関連資料が保管されているが、徹底的に隠しておいている。

現執権層は、この文書資料の公開を拒否する一方、歴史教科書に日本軍の性奴隷犯罪関連事実を叙述しないようにしている。

安倍一味は、日本軍の慰安婦強制連行を証明する資料がない、金儲けのための志願奉仕であった、などという荒唐無稽(こうとうむけい)な妄言まで並べ立てて日本軍性奴隷被害者を甚だしく冒とくしている。

しかし、罪悪の歴史は決して隠滅することも、葬ることもできない。

最近だけでも、米国立文書保管所に所蔵されていた過去の日帝が朝鮮人性奴隷を野獣のように虐殺した天人共に激怒する蛮行を立証する映像記録編集物と共に1944年9月13日に性奴隷として引き連れていた30人の朝鮮女性を銃殺したことについて記録した連合軍作戦日誌が公開されたことをはじめ、数多くの性奴隷犯罪関連事実があらわになった。

日本が日本軍性奴隷犯罪をなんとしても歴史の闇に葬って、それに対する国家的責任から逃れようと必死になってあがいているが、それは自分らの道徳的低劣さを自ら暴露することになるだけである。

日本は、性奴隷問題の解決に対する国際的要求に顔を背けるのではなく、誠実に謝罪し、徹底的に賠償すべきである。

過去の犯罪に対する清算なしには、日本は一寸も前進することができないであろう。---

    関連記事