北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は16日、日本が対北制裁の維持や日本人拉致問題の解決を主張するのは「無分別な妄動」であると非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「縁談で葬式の話を持ち出すな」日本を非難する金正恩氏の思惑

論評は、朝鮮半島で対話の機運が続く中、日本が制裁維持を主張しながら拉致問題の解決を求めるのは「祝い事のある家のまがき(籬)の周辺で家主をとんでもなく謗りながらも、あくまでも祝い事に参加すると意地を張る酔いどれのみっともない醜態を彷彿させる」と指摘。

また、日本は朝鮮半島支配の過去清算をしておらず、北朝鮮の脅威を理由に戦争国家を目指していると非難した。