北朝鮮国営の朝鮮中央通信は16日、金正恩党委員長が「国防科学院の試験場を訪れて新しく開発した先端戦術兵器試験を指導した」と伝えた。兵器の種類や指導の日時は明らかにされていない。

金正恩氏は指導の現場で「戦術兵器の威力を見て、わが国防科学者と軍需工業部門の労働者階級が国防力を高めるうえでもう一つの大きなことをやり遂げた、金正日総書記が生前に直接、種をまいてくれて特別な関心を払い、開発、完成へと温かく導いてきた兵器システムがとうとう誕生した、あの兵器は忘れ形見の兵器同様であるが、今日のこの成功を見ると総書記への思いがさらに募る、と述べて激情を押さえられなかった」という。

金正恩氏が兵器開発の現場を指導するのは、昨年11月29日に報道された大陸間弾道ミサイル「火星15」型の発射以来となる。ただし今回は、弾道ミサイルなどの「戦略兵器」と異なる「戦術兵器」の試験であり、米朝対話などへの影響は限定的と見られる。

現地指導には崔龍海(チェ・リョンヘ)、李炳哲(リ・ビョンチョル)、リ・ジョンシク、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、金勇帥(キム・ヨンス)、キム・チャンソン、朴正天(パク・ジョンチョン)の各氏が同行した。