論評の全文は次のとおり。

罪悪の代価を必ず払わせる 朝鮮中央通信社論評

【平壌11月13日発朝鮮中央通信】島国日本の厚顔無恥な本態が、またもやあらわになった。

日帝強制徴用被害者に日本の企業が損害賠償することに関する南朝鮮大法院の判決について、「常識外の判決」だの、「国際社会に対する挑戦」だの、何のとして騒ぎ立てている。

はては、強力対応を唱えて国際司法裁判所に提訴すると脅かしている。

「破廉恥」や「鉄面皮」という表現でもっても形容しがたい実に図々しい乱暴である。

このような現象について、国際社会は驚愕(きょうがく)せざるを得ない。

本判決について、日本は口が十あっても言う言葉がない。

    関連記事