北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は7日、拉致問題担当を兼務する菅義偉官房長官が報道各社とのインタビューで、拉致問題の解決に「最善を尽くす」などと述べたことについて「せん越だ」などと反発する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:拉致再調査合意は「無効」…北朝鮮の担当幹部が明言

論評は、日本は過去清算を回避するために「『拉致問題』をやっきになって取り上げるのである」と主張。

「拉致問題においては、わが人民こそ最大の被害者であり、日本は最大の犯罪国である」としながら「朝日関係において、日本の位置はただ被告席だけである」と強調した。