キューバのディアスカネル国家評議会議長の訪朝を歓迎する芸術公演が4日に行われ、金正恩党委員長と李雪主(リ・ソルチュ)夫人が同議長夫妻とともに鑑賞した。公演後には歓迎宴も行われた。

(参考記事:金正恩氏がキューバに対しては物凄く丁重である理由

今回の公演は、北朝鮮の主要芸術団である勲功国家合唱団、三池淵(サムジヨン)管弦楽団、牡丹峰(モランボン)電子楽団、旺載山(ワンジェサン)芸術団が合同で行った。

歓迎宴では金正恩氏が演説し、「ミゲル・ディアスカネル・ベルムデス同志との今回の対面が両国の友好関係を永遠に継承していくという意志を誇示する分水嶺になる」と述べた。

また、ディアスカネル氏は演説で、「キューバでの革命偉業継承の歴史的な時期に朝鮮を訪れたのは、朝鮮との関係を変わることなく発展させていこうとするキューバの党と政府の確固不動の立場の明確な表明である」と強調。続けて、「敵対勢力のあらゆる挑戦を退けて両国間の伝統的な友好・協力関係を変わることなく継承し、発展させていく意志を表明した」という。